使いすぎて穴が空いているとブランド買取は難しい?

ブランドによっては買取可能なケースもある

使いすぎて穴が空いているバッグや財布、洋服などのブランド品については、世界的に有名なブランドのアイテムであれば、査定額は下がるものの買取をしてもらえる店舗もあります。また、穴が開いているだけでなく、汚れや傷などが目立つものについては、ジャンク品の扱いとなることもあるため、売却先を選ぶにあたって、じっくりと買取可能な店舗の査定額を比較することが大切です。最近では、使用状態が悪くても買取可能なブランド品の一例について、公式サイトに写真付きで紹介している店舗もあります。そのため、すぐに買取店の店頭まで足を運ぶことができない場合には、早いうちから買取実績のある店舗の査定のポイントについて調べてみましょう。

売却前に修理をすることで買取をしてくれる店舗もある

穴の開いたブランド品の買取を受け付けている店舗はそれほど多くはありませんが、売却前に簡単な修理をすることで買取をしてくれるところも少なくありません。特に、高級ブランドの流行に左右されにくいアイテムについては、多少状態が悪いものであっても高値が付きやすいため、積極的に顧客からの評判の良い店舗に査定をお願いすることがおすすめです。また、状態が悪いブランド品についても宅配買取や出張買取を行っている店舗も増えており、時間を掛けて店舗ごとの得意とするブランド品の種類について確認をしてみると良いでしょう。なお、一度でも修理をしたブランド品については、店舗によって査定時に減額の対象となることがあるため、店舗選びの際に注意を払うことが大切です。

ロレックス買取は流通量などにも寄って買取金額に差が出ます。その為、市場の動向に合わせて買取に出すのが高く買取をしてもらうポイントです。